会員専用ページ

メールアドレス
パスワード

商品検索

キーワード
価格範囲
円〜

分杭峠ビデオレター

 ゼロ磁場地帯、分杭峠からビデオレターをお送りします。



 2009年12月17日(雪)



分杭峠にも雪が降りました。寒いですが、とても綺麗な景色です。寒い中、気場に座っている方もいます。峠に至る道はもうすぐ閉鎖されますので、これが今年最後の分杭峠の映像です。



 2009年12月11日(雨)



今日は雨でした。気温も低かったので、さすがに気場には誰もいなかったのですが、とても神秘的な雰囲気が漂っていました。




 2009年9月27日(曇り)



9月の終わり、紅葉の始まった分杭峠です。見頃は10月中頃とのこと。山間がVの字になっているところが中央構造線です。





みなさんが腰を下ろしているすぐ脇に、カツラの木があります。張志祥氏が当地を発見の際、何かにとりつかれたように走り出し、そしてこの木の根元を差しがながら次のようにつぶやいたのです。
「この直ぐ下の、あの沢の下にとても良い香りを出している場所がある。ここに建物を建てれば元極堂(特別なエネルギーが集中するスポットのひとつで、天地の気の強さを肌で実感できるといわれている)のようになる。分杭峠は蓮花山と同等かそれ以上の場所である」




 2009年8月29日(曇り)



長野県は南アルプスの麓に位置する分杭峠。今日は曇りでしたが、気候もちょうどよく峠は多くの人で賑わいました。駐車場にはトイレも設置されています。





駐車場から下へ50mほど下ったところに「気場」があります。昔は断崖でしたが、現在は手すりの付いた山道が通っています。気場ではこの日もたくさんの人が思い思いにそのパワーを体感していました。





気場の様子です。一日中座っていらっしゃる方も。感じ方は人それぞれ違うようです。




売れ筋商品

2リットルボトル 6本入り

携帯サイト

携帯電話からもご注文いただけます。こちらのバーコードを読み取ってご利用ください。
携帯ページQRコード


分杭峠 ゼロ磁場 零磁場 入野谷 宿泊 パワースポット